今治バイパス沿いにできた「俵屋」は異国の地

超粗挽きハンバーグのお店俵屋へ

2018年11月23日にグランドオープンしたお店。

場所は、バイパス沿いにあった蔵人珈琲の跡地です。

ケーズデンキのお隣さん。

 

12時くらいにランチの時間にお邪魔した。

店内に一歩入ると、まず感じるのが、動線どこ???

入店する人と、お会計する人、退店する人、で一番ごった返す場所が、すれ違うのが難しいほどの狭さ!!

そこをくぐりぬけたところに待合ソファーがあるんだけど、案内一切なし。

ちなみに、待合ソファのところに名前書く紙あります。

 

名前書くまでの、頭の中の「????」多すぎ!!!!!

f:id:setoshim:20181202093756j:imagef:id:setoshim:20181202093748j:imagef:id:setoshim:20181202093813j:image

メニューはこんな感じで、レジ前に置いてあるの、ご自由にお取りください。

って感じ。

待ってる間にみんなメニュー見てましたね。

 

席に案内され、あたりを見渡すと、90%くらいの割合で「じじばば」でした(笑)

 

信じられない。。。

 

いくら新しいもの好きと言えども、ハンバーグを食べにくるのか!!!

 

若い人といえば、あとから隣に座った高校生の二人組くらいでした。

そして、最初から気になっていたこと。

 

『店内ハエだらけ』でございます。

 

半端じゃなくハエがいます。

 

パッと前見ただけで、6~7匹視界にハエが入ってきます。

 食事の最中もずーっと手でハエを払いながらの食事となります。

この1時間くらいの間に50~60匹はハエ見ました。

 

最後、退店したときに入口を振り返るとそこだけで2~30匹いましたね。

ゾッとします。

 まるで、日本とは思えない。。。どこの国!?っていう感じです。

 

ちなみに、私がオーダーしたのは、俵ハンバーグのミドルです。


f:id:setoshim:20181202093818j:image

アップでも撮影しました。
f:id:setoshim:20181202093807j:image

焦げ焦げです。

肉の味もわからないほどに、苦かったです。

お味噌汁は、湯気もでないぬるさ。(※冷たくはないです)

 

そして、極めつけは、、

「食後に」と頼んだ、デザートが、まだ3分の1も食べてないくらいのタイミングで提供されました。

 

まじで、これでお金取るの???

 

のレベルでした。

 

後で知人にこの話をしたところ

「捕虫器紹介しようかなー。」

って、言ってたwwwww

 

『人が困ってることにお金は動く。』

 

まさにそれですね。

 

何のしがらみもなく、スッとその提案が出てくる私の知人はすごいです。

 

けど、もし捕虫器が採用されても、私は行かないな。